どんな状態の服なのか

汚れ具合を写真で判断しよう

通販サイトには、古着の説明が記載されています。
そこに、汚れがあると書かれているかもしれません。
しかし古着全体の写真しか掲載されていない場合は、どこにどのような汚れがあるのかわかりません。
注文して古着が届いた時に、目立つ汚れがあったら着るのに抵抗を感じてしまいますよね。
汚れがあると記載されている場合は、その部分を大きく写した写真が掲載されていなければ困ります。

いい通販サイトか、見極めるポイントに使ってください。
汚れの写真を見れば、気にならないと思えるかもしれません。
古着の全体を確認することは重要ですが、汚れに気をつけてください。
誰かが着用していた服なので、わずかな汚れは付着していることが多いです。

Tシャツを買う際の注意点

Tシャツは、生地が伸びやすいと言われています。
ですから古着を見ると、襟が伸び切っているかもしれません。
デザインはかっこいいTシャツでも、伸びているものではだらしない印象を周囲に与えてしまいます。
絶対に、オシャレな人とは思ってくれないでしょう。
襟を大きく写した写真がないか、確認してください。

また細かい写真を見ることで、糸がほつれている部分がないかチェックできます。
少しほつれているぐらいなら、自分で直せるかもしれません。
ですが広い範囲に渡ってほつれていたり、生地に穴が開いていることがあります。
そのような古着は、素人では修復することができないでしょう。
残念ですが諦めて、別のTシャツを探してください。


▲ TOPへ戻る