通販サイトを活用しよう

どのくらいのサイズなのか

服には、サイズがあります。
身体によってふさわしいサイズが異なるので、古着を買う時はサイズを確認しなければいけません。
中にはサイズがかかれていない通販サイトが見られます。
またフリーサイズと記載されている場合も、少し危険です。
身体の大きな人や、小さい人は着用できないかもしれません。

トップスであれば、胸囲や肩幅、ボトムスであれば丈が具体的に記載されていると安心ですね。
普段着用している服のサイズと一緒だったら、購入できます。
通販サイトは、試着ができません。
サイズを自分で見て、判断するしかありません。
返品はできないので、買って後悔しないよう確かめましょう。
デザインが気に入っても、着られない服は買わないでください。

自分のサイズを把握しよう

頻繁に通販サイトで古着を購入するなら、自分のサイズを常に知っておきましょう。
すると購入するたびに、自分のサイズを計測しなくて済むので楽です。
1回計測して、メモに残すとすぐに確認できます。
ですが最近太ったと感じる人は、メモに残しているサイズ通りの古着を買うと、着用できない可能性があります。
鏡を見て、体型が変わっていないかチェックすることも重要です。

もしかしたら着用できるかもしれないというサイズの古着は、買わないでください。
サイズを見て、確実に着られる服を選択しましょう。
古着なので、新品の服よりかは安い価格です。
ですが、着られない服を買うのはお金の無駄です。
自分のサイズを知っていれば、間違って購入することはないでしょう。


▲ TOPへ戻る