通販サイトを活用しよう

見た目が気に入っても、それだけで購入を決めないでください。 身体に合っているサイズの、古着を購入しましょう。 実際に届いてから試着して、サイズが合わなくても返品できません。 お金を無駄にしないよう、サイズの確認を忘れないでください。 写真だけで判断するのは、非常に危険です。

どんな状態の服なのか

古着なので、誰かが以前着ていたものです。 新品同様の状態を求めないでください。 しかしどんな状態なのか、気になりますよね。 古着を買う際は、写真が細かく掲載されている通販サイトを利用しましょう。 すると汚れ具合を確かめられます。 気にならなかったら、注文しましょう。

古着に使われている素材

サイズとデザインが希望通りでも、素材のことを忘れないでください。 商品が届いて試着してみたら、何となく気に入らなくて結局数回しか着ないまま、クローゼットにしまいっぱなしになってしまう人が見られます。 気に入る素材かどうかも、チェックしなければいけません。

着られる古着なのか調べよう

通販サイトで古着を買う際は、サイズを確認してください。
試着ができませんし、仮にサイズが合わなくても返品できないことが多いです。
細かくサイズを書いている通販サイトを使うとサイズを間違える可能性が低くなります。
写真を見て、この古着が欲しいと感じるかもしれません。
ですがサイズが記載されていない場合は避けてください。
見た目は大きそうでも、実際の商品は小さく、着用できない場合があります。

また古着の写真を、細かく掲載しているのか確認しましょう。
全体を写した写真だけでは、細かな汚れがついているのかわかりません。
汚れを隠して売るような通販サイトは、信用できないので利用しないでください。
汚れている部分を、アップにした写真を掲載している通販サイトがいいですね。
自分の目で見て、気にならない程度だったら購入してもいいでしょう。
Tシャツの場合は、襟が伸びていないか確調べてください。
襟がのびきっていると、だらしなく見えてしまいます。

どんな素材の古着なのかも、調べておきましょう。
素材によって、チクチクして気になることが考えられます。
またデリケートな素材が使われている場合は、洗濯の際に注意しなければいけません。
クリーニングに出さなければいけないものがあります。
自分で、管理できるのか考えましょう。
クリーニングに出すのが面倒だと感じたら、その素材が使われている古着を避けてください。
管理が楽という部分も、古着を購入する時に欠かせない条件です。

▲ TOPへ戻る